あなたは子供と彼または彼女の祖父母との関係を考えるとき、”台無しに”一般的に心に来る接続です。 私たちは、祖母を溺愛して焼いたクッキー、笑った祖父によって提示されたおもちゃ、そして週末が終わるにつれて子供たちを叫んでいると思います。 しかし、祖父母の役割はそれをはるかに超えて、実際に子供の頃の成長を形作ることができます。

祖父母が直面している最大の裁判は訪問紛争であり、何らかの理由で両親が子供たちとの交流を望んでいない場合に発生します。 しかし、特定のケースでは、祖父母は、子供たちが子供の両親の親権ではなく、彼らの親権の下でより良いだろうと信じるかもしれません。

祖父母が孫の親権を申請できる理由

アラバマ州の法律では、祖父母が子供の一次親権を獲得できることが認められています。 一般的に、これは、祖父母と一緒に暮らすことが「子供の最善の利益」になる状況で発生します。 一方または両方の親が死亡した場合、投獄された場合、または精神的健康問題(中毒を含む)を示す場合、子供は他の人の世話をする方が良いかもしれま

親権を求めている祖父母は、”子どもの最善の利益”の教義の他に、”親の権利”の教義と呼ばれる一般的な推定に直面しなければならず、裁判所は生物学的親が子供の幸福に最も適していると仮定している。 しかし、両親が不適当であることが証明された場合、裁判所は一般的に祖父母を非生物学的親戚に優先し、他のすべては平等である。

アラバマ州の祖父母の権利:今日助けを得る

孫や孫の親権を求めている場合は、今日経験豊富な家族法弁護士に相談して、親権が選択肢であるかどうかを判断し、親権請願書の提出を開始してください。 新しい始まりの家族法でハンツビル家族の弁護士は、今日の相談のために利用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。