Foster_Bible_Pictures_0060-1_moses_sees_a_fire_burning_in_a_bush
モーセは茂みの中で燃える火を見る, 1897

出エジプト記3:2…だから彼は見て、ブッシュが火で燃えていたが、ブッシュは消費されませんでした見よ。

出エジプト記では、モーセは40年間羊飼いとして、そしてエジプトからの逃亡者として生きていたので、彼の注意は燃えていた茂みに捕らえられました。 これはおそらく大したことではなかったでしょうが、彼が見たものは彼をさらに調査させました。 “私はこの偉大な光景を見るために脇に回って、なぜブッシュが焼かれないのか。”炎はモーセに話し、自分自身を識別し、”私はあなたの父の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神です。”神はモーセに、彼が彼の民を救うために彼をパロに送ると言われました。 ムーサーは言った。”わたしがイスラエルの民のところに来て,”あなたがたの祖先の神がわたしをあなたがたのところに遣わしてくださった。”と言うと,かれらはわたしに言う。”かれの御名は何ですか。”私は彼らに何を言いましょうか?”

神がモーセに与えた名前は、彼の自給自足の属性を包含する。 “私は私が誰であるかです。 彼は自分自身の存在を持っており、他の人に依存していません…自己存在であること、彼は自給自足であることができず、したがって、すべての十分な、そして存在と至福の無尽蔵の泉であることができません。”

ブッシュが燃えているとき、火はブッシュを燃料として消費しなければならない。 しかし、神はこの展示でモーセにいくつかのことを示していました。 彼は、彼が炎として存在するブッシュを必要としなかったことをモーセに示していました。 神は燃料を必要としません。 神は私が自己存在し、自給自足である。 彼はまた、神が彼の力を表示するためにブッシュやモーセを必要としなかったことを表示していました。 しかし、神の摂理と主権の意志によって、神は卑しいものを特別な目的の船とすることを選択します。 神は、モーセが80歳の逃亡者であり、彼の欠点や欠点にもかかわらず、土地で最も強力な人に近づき、彼の民を自由に導く人であることを知っていました。 モーセは、それがないだろうと、それは彼が神が彼に望んだものを行うことを彼自身の力と影響力であることができなかったことを知っていました。 彼は外部の情報源を必要としない人に頼らなければなりませんでした。

神の自給自足、つまり無自覚は、私たちに慰めを与えるべきです。 神が私たちに何かをするように呼ばれたとき、私たちは神がすべての力と知識を持っており、宇宙を創造した神が私たちに手近な仕事をするように 私たちの人間の体は休息と糧を必要とします。 自然の法則によると、神によって所定の位置に設定され、私たちも存在するために自分自身の外に何かに依存しなければなりません。 しかし、神は何も必要としません。 ジョン-パイパーが述べているように、”神は”自分自身から”存在します。 神は、神としての存在と完全性を、自分自身の外には何も負っていません。”

“また、彼は彼自身がすべての人々に命と息とすべてのものを与えるので、彼は、何かを必要とするかのように、人間の手によって提供されていません。17:25

神の属性の詳細については、このPDFをダウンロード

デリック*ストークス
Theologetics.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。